通販食品業界ニュース6月29日号

バイヤーに伺ってきました:越境EC専門通販サイト 仕入れ担当者

・ 来場の感想

「弊社は、海外では手に入り辛い日本の良い商品を海外の消費者にお届けする取り組み(越境EC)をしています。この商談会を初めて知り来場しましたが、「通販食品展示商談会」は意欲的な出展者が多く、ブースを訪問したほとんどの企業様と成約に至りそうです。他の展示会だと簡単な挨拶だけで話が終わってしまうようなこともありますが、「通販食品展示商談会」では資料や想定される質問の準備をされる等、通販バイヤーと商談に挑む姿勢があり、前向きかつ有意義な商談をすることができました。「通販」というテーマに絞っているため、双方無駄な時間が省けたように感じています。次回は、他のスタッフも連れてより多くの出展者と知り合いたいと思っています。」

 

・成約に向けた商談をするために、何を探しているのか聞いて欲しい

「商談会に行く前には、出展企業の情報は事前確認するようにしていますが、HPでは伝わり切れていないので、会場では出展企業様からも我々に積極的に声をかけてもらいたいと思います。

アピールポイントを一方的に説明するのではなく、「どんなものを探していますか?」などと意見交換をしながら話を始められれば、スムースに商談に入りやすいと感じています。その上で、双方の意見のすり合わせをしていけば、商品を取り扱う可能性を思いつきやすいと思います。」

 

国内唯一の「通販食品展示商談会」で、皆さまの自慢の逸品を提案してみませんか?

前の記事

通販食品業界ニュース6月23日号